2012年 08月 17日 ( 1 )

ほとんど終わり

d0247876_2339453.jpg

夏休みっていうのは、来るまではなんとなく「まだかな〜」なんて思ったりするけど
いざ来てしまうとあっという間だったりするのは、もうずっと変わらない気がする。

夏休み=いわきは、もう幼少の頃からの定番だった。当たり前に来てた。
くるのが当たり前だったし、来ない事なんてきっと一度もなかったと思う。

結婚した今でも 夏休み?!にはいわきが定番だし、結婚の条件の1つが
お盆にはいわきにくる事だったりした。まあ、特例はあるけれどね。
諸事情でない事もあったけど、一度ぐらいは・・・

家に来たらあれもこれも!って意気込みだけはあるんだけど たいていそれは
50%もできずだったりする。
毎回母にはかなわないな・・って感じる。いつまでも若くはない母。
母の姉妹も同じだけども、私が年を取る様に平行してみんな年を取る。

ふっと思う

私は親孝行できてるんだろうか?
親孝行にも色んな形があるけども・・どれかに私は当てはまってるだろうか?
母は、何かの瞬間に私を生んでよかったって思ってくれているだろうか?
一瞬でも。そういう親孝行はできてるのかな?なんて漠然と思って不安になる。

子供にとって、親が元気で居てくれる事が一番の幸せだって思う。
子供にとって、親が元気で居てくれる事は最高のプレゼントだと思う。

毎回 いわきから戻る時にはちょっとホームシックになる。
帰って生活が始まれば、自分の生活で精一杯になるんだけど
親の近くに居られるってのは、幸せな事だな・・まあ色々と
近くに居るってことでわがままにもなる事もあるけど、それでもね。
それでも、直ぐに駆けつけてあげられる事ができるのは親も子供も
安心だったりすると思う。

なくして初めてわかる事があるって言うけど、なくさないうちに
沢山親孝行ができたら最高だよね。きっとそうだよ。そう思う。

あ〜大切な人がみーんなスープの冷めない距離に居てくれたら良いのにな・・・
[PR]

by i_i-style-i_i | 2012-08-17 23:57