お盆3日目

d0247876_12582328.jpg

お寺の本堂の入り口から見える一直線にのびる江名の町です。
もう小さい頃からずーっと通っている道です。小さい頃は凄く長く感じた道のりも
今では「こんなに短かった?」と思うほどです。ただ道を歩くだけでもなつかしい
お盆にはお寺の敷地内に屋台が出店がでてたのにな・・今はがらーんとしていて
ちょっと寂しい感じがする。子供の頃はおもちゃとか・・綿飴とかね・・
ねだってみたりした訳です。おもちゃは買ってもらった記憶がないけど
綿飴は毎回買ってもらったよ。たこ風船も買ってもらった!!
今の風船みたいにキラキラしてなくってね、赤とか青とかピンクとか・・
ウサギとタコのゴム風船だったのね・・・懐かしい、時々手を離してしまう子がいて
青い空にふわーっと飛んで行く風船がいくつかありました。

お寺は私にとって近い存在でした。父方がお寺関係だったので(汗)父ももしかしたら
坊さんだったかもしれないのね(汗)結果ならなかったけど御髪は限りなく坊さん?!
でした(プッ)はげが似合うって言うのは・・・頭の形が良いってことだよね。
物心ついた時から父の御髪は薄かったので、逆にふざけて母の鬘をつけた時には
若干怖かったです。だって、海に浮いている若布を頭からかぶってるみたいで・・・
ま、時にお茶目な父は丸いお墓に骨は入れましたが、今は家に居ます。
あ・・お盆だから帰ってきてるのね・・見えないけど居るのね・・

昨日まではお姉ちゃんと姪っ子の琴ちゃんと「なんちゃってトイプー」の
コタロウが居ましたが、夕方お家へお戻りになりました。16日からお仕事なので
家でマッタリ時間も兼ねてね。
そして夜はいとこ「ボーイズチーム」がやってきて、飲み会でした。
ボーイズって言ってももうかなりのお年でございます。でも賑やかでした。
ちょっと気づいたんだけどね・・うちのいとこってのは「声がでかい!!」
0〜10まで音量があるとしたら、常に10で話してるんだよね。それが
みんなで1つの話題なら良いけど、2チームに分かれると大変な訳だ!!
ま、そんな点では自分の話題に集中する、「集中力」は付く訳です。

必ずの話題は「原発」だけど・・毎回「東電の大罪」だと思う。そして
どうして、東電のしている事が、罪にならないのか理解ができない。隠蔽したり
嘘を付いたりする事が、こんなに許されるなら子供達がしている事に対して
「悪い事だ」って言えるんだろうか?大人だから良いなんて事はないよ。
普通の会社が同じ事をしたら「刑事事件」になるでしょう?!おそらく・・・
ならないってことは、バックに凄いブレーンが居るってこと。それはさ・・
もう、みんな知ってるんだよね、知られていないって思ってんのは
間抜けなそいつらなんだよなぁ〜一個人が何を言ってもどうにもならないし
沢山の人が束になって訴えたって・・・何か変わったのかな?結局は
押し通すものね・・国民が反対したって、国民全員が反対したって
国会で「やろう!」って決めた事はやっちまうでしょう!!やっちまうんです。

ってどうしても熱くなってしまうこの話題なんです・・済みません。
海の町は避難区域から沢山の方達が来ています。やはり少しでも自分の
家の近くが良いもんね、そういった点ではこの海の町は過ごしやすい町。
車の量が圧倒的に増えました。常に土日のにぎわいです。
仮設も沢山できたし、我が家の近くにも復興住宅ができます。

国も、付け焼き刃じゃなくてさ・・本当の事を話してこの先しっかりと
暮らして行ける様に避難している人たちに生活の場を(永久的な)作る事を
考える時期・・・はとっくにすぎてるんだけど。

もうね、私はどこに心をおいて考えれば良いのかわからなくなるんだよね
原発で先祖代々の土地から離れて暮らさなくてはならなくなった人、
そこで働いている時よりよ遥かに良い保証金を毎月もらっている人
働かずにそのお金で遊んでいる人、もらえなくなるって知りながらも
このままじゃ行けないって働いている人・・東電のおかげで自分たちは
若いのに良い暮らしをさせてもらってた・・って言える人。
原発の事故で様々な問題とともに人間模様も様々。
海の町の住人も複雑なんだよね。全く以て複雑です。お盆3日目に考えました。

終戦記念日でもある今日、やっぱりさ。。。色んな意味で争いは心を寂しくするって事
改めて思いました。武器を持たなくても言葉も時には武器になるし・・・相手にとって
何が武器になるかはわからない。できればね、穏やかに過ごしたいよね人生。
軽く山や谷はあると思うけど・・・
[PR]

by i_i-style-i_i | 2012-08-15 13:40